お金の使い道


by do75hqjtba
 参院選投開票日が7月25日にずれ込む可能性が高くなったことで、民主党から比例代表で立候補する落語家・桂きん枝(59)が「どないしよ〜」と頭を抱えた。25日は日本三大祭りのひとつで、昨年は2日間で約118万人を集めた大阪天神祭の本宮と重なるからだ。

 きん枝陣営は全国的な支持獲得は困難とみて、近畿一円に絞った活動を展開中。天神祭への客足の影響を受け、関西の投票率が下がるのは大打撃で、「東京の人はそんなこと考えもしないでしょうけど。そうなったら期日前投票を呼びかけないといけない」と危機感を強めた。

 【関連記事】
民主党 比例代表 桂きん枝 を調べる

<故・三沢光晴さん>ケータイ日記が本に 香山リカさん企画(毎日新聞)
負けず嫌い、菅家の話題は政治…妻の伸子さん(読売新聞)
民主党 参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)
21世紀の日本の脅威は中国 櫻井よしこさん(産経新聞)
<奈良県警不祥事>不動産会社社長が県や組長ら提訴(毎日新聞)
[PR]
# by do75hqjtba | 2010-06-12 00:16
 嫁入り舟の“潮来花嫁さん”で知られる茨城県潮来市で、江戸時代から昭和中期の花嫁衣装がホテルや飲食店などに展示されている。

 水郷潮来あやめまつりに合わせて潮来の伝統や魅力を伝えようと、市民らの有志実行委員会が昨年に続いて企画した。同委員会代表の大川良子さん(72)は「潮来は花嫁の街。着物を通じて第2の人生の門出を迎えた花嫁たちの思いを知ってほしい」と来場を呼びかけている。

 展示企画は「水郷に嫁いだ女たち 誰(た)が袖 潮来花嫁さん」。潮来で結婚し、約50年前から着物の仕立てなどの仕事をしていた大川さんが、同級生や知人らと「水郷潮来花嫁衣装街かど展示実行委員会」を組織して始めた。

 今年は着物や帯など色鮮やかな花嫁衣装計約30着を計10店舗に展示。陸路で嫁いだ花嫁の衣装を始め、かつてはごく普通に見られた手こぎ舟で嫁入りした花嫁の写真や衣装も飾られ、当時の様子がよみがえるようだ。

 昨年初めて企画した展示は好評で、各店舗を訪れた客が感想を記すノートには、「風情があってすばらしい」「これから嫁ぐ娘にも着物を着させたい」といった喜びの声が詰まっていた。反響を知った大川さんは「潮来の良さを知ってもらえた。これからも続けよう」と手応えを感じ、今年も企画したという。

 「市民の自宅には思い出の衣装が残っているはず。もっとたくさん展示して潮来の良さを知ってもらいたい」と大川さん。潮来市民の自宅に眠る“宝の山”を掘り起こし、これからも花嫁の思いを伝え続けていくつもりだ。

 展示は6月20日まで。各店舗には目印として展示会のチラシとアヤメの造花が掲示してある。

<地震>福島・相馬で震度3=午後1時49分(毎日新聞)
同人誌即売会でもiPad――スライドショーを集客に活用(Business Media 誠)
エルメス専門店で出店荒らし、被害2千万円 大阪(産経新聞)
<社民・福島氏>「重大な決意」連立離脱を示唆(毎日新聞)
一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)
[PR]
# by do75hqjtba | 2010-06-02 01:59
 千葉県八街市の農業中村行夫さん(76)が殺害され、自宅が放火された事件で、県警佐倉署捜査本部が別の器物損壊容疑で逮捕された市内の男(47)と10代の娘について、強盗殺人と現住建造物等放火の容疑で逮捕状を取ったことが22日、分かった。容疑が固まり次第逮捕する。
 捜査関係者によると、娘は任意の聴取に事件への関与を示唆し、「包丁を川に捨てた」と話したという。凶器とみられる包丁は、千葉市内の川から見つかった。
 中村さん宅は11日午後に全焼。翌12日、1階和室の焼け跡から中村さんの遺体が見つかった。中村さんは背中を刺されており、傷は肺に達していた。自宅からは現金も奪われたとみられる。 

「世話が焼ける」 認知症の姉をハンマーで撲殺 無職の66歳弟を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
予防接種法の抜本改正でヒアリング実施へ
55歳中学教諭、同僚女性の盗撮画像で交際迫る(読売新聞)
子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も−長妻厚労相(時事通信)
<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)
[PR]
# by do75hqjtba | 2010-05-27 09:55
 これまで札幌、福岡両地裁の和解勧告について問われると、一貫して「14日に国の方針を明らかにする」と言い続けてきた長妻昭厚生労働相。和解協議入り表明の一報は、衆院厚生労働委員会で答弁を行っている最中のことだった。いったん退席して連絡を受けた職員が、数枚のメモを持って厚労省幹部に配布。メモを受け取った長妻厚労相は、一読すると表情を変えずにメモを胸ポケットにしまった。

 同じころ、厚労省では、事前に用意された長妻厚労相の談話を発表した。談話では「国としては、広く国民の理解と協力が得られる解決策を探るため、今般、本件訴訟について、裁判所の仲介の下での和解協議の席に着くこととした」と、和解協議入りの理由を説明。一方で「和解対象者の範囲やその確認方法、和解金額等、いまだ議論が尽くされていない論点も多く、裁判所において、これらの諸事情についても十分にご理解をいただいた上、適切な検討を進めていただくよう、希望する」と、今後、協議の中で和解条件などを詰めていく方針を示した。

【関連記事】
B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討
B型肝炎訴訟 国が和解受け入れへ調整
「患者に罪ない。和解を」B型肝炎訴訟で福井、名古屋でも訴え
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書
少子化を止めろ!

橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
谷亮子選手、参院比例で民主擁立へ(読売新聞)
亀井金融担当相「単純な消費税アップは経済の井戸からす」(レスポンス)
<静岡空港>日航福岡便、実績搭乗率64.5%(毎日新聞)
[PR]
# by do75hqjtba | 2010-05-18 10:16
 冷徹な悪役を得意とし、社会派から娯楽時代劇まで幅広いジャンルの脇役として活躍した俳優の佐藤慶(さとう・けい、本名慶之助=けいのすけ)さんが2日午後4時19分、肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去した。81歳だった。福島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男純(じゅん)氏。
 福島県会津若松市職員などを経て、俳優座養成所に入所。1954年に初舞台を踏み、その後、映像畑に転じた。大島渚監督作品の常連で、「青春残酷物語」や主演を務めた「白昼の通り魔」「儀式」などで印象的な演技を見せた。ニヒルで知的な容姿を生かしたクールな役で存在感を発揮しつつ、エキセントリックな役柄も演じ、新藤兼人、小林正樹、今井正ら巨匠、名匠の作品に数多く出演。代表作に「人間の條件 第三・四部」「切腹」「鬼婆」「新宿泥棒日記」「白日夢」「連合艦隊」などがある。 

【関連ニュース】
佐藤慶さん死去(俳優)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪

私立高中退率は0.09%=学費貸し付けで改善−全国私教連(時事通信)
<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
<上海万博>皆勤へ万全 「愛知」制覇の山田さん(毎日新聞)
山口市・月輪寺 重源上人の焼き物完成 5日に供養祭(毎日新聞)
吹上御苑で自然観察会=皇居(時事通信)
[PR]
# by do75hqjtba | 2010-05-07 10:15